恋より早く。〜僕たち、親友同士で婚約しました!〜

「結婚しようよ」そう言い合った僕らは恋人同士でありませんでした。ひょんなことから婚約し同棲を始めた、親友のナナシロとしおりの生活をつづっていきます。

不思議な同棲生活の、はじまり、はじまり。

初めましての方、初めまして。

お久しぶりの方、お久しぶり

よく知っているよという方、いつもありがとうございます。

ナナシロです。

f:id:nanashio1010:20171013201703j:plain

 

このたび、「恋より早く。〜僕たち、親友同士で婚約しました!〜」ブログを始めることにしました。

タイトルからお察しだと思いますが、僕は2017年10月10日にプロポーズしました。

 

お相手は、かねてから付き合っていた女性……ではなく、まったくお付き合いしていない女性、”しおりちゃん”でした。

f:id:nanashio1010:20171013201910j:plain


僕らは4年ほど前に知り合い、これまでずっと友達同士でした。

 

長い間、しおりちゃんは長野に住み、僕は東京に住んでいました。

なので、これまで会った回数もそんなに多くはありません。

それどころか、連絡もあまりとっていませんでした。

 

それがある日、ふとしたことからこんな話になりました。

f:id:nanashio1010:20171013194317p:plain


このやりとりをしている間、不思議と「プロポーズしているぞ」という引き締まった気持ちはありませんでした。

 

ただ2人でずっと一緒にいるための口実がほしく、それにちょうど良かったのが「結婚」という2文字だったように思います。

 

僕はこれまでさまざまな魅力的な女性たちとお付き合いしてきました。

彼女らの中には、僕と結婚したいと言ってきた方もいました。

 

ですが、当時の僕は「結婚」という言葉を聞くたびに、改めて2人の関係を想像し直さなければなりませんでした。

そして、たいていの場合、うまく想像することができませんでした。

 

しおりちゃんとの結婚が想像ついたかというと、そんなことはありません。

僕はしおりちゃんのことをよく知っているとは言えませんし、彼女もまた然りです。

お互いがどんな風にご飯を食べ、どうやって寝返りをうち、どれくらいお風呂に浸かるのか、何一つ知らないのです。

 

とはいえ、それまでの恋愛関係から婚姻関係へと発展させることを考えるよりは、ずっとワクワクしました。

 

以前は、これまでうまく飛んでいた機体を綺麗に着陸させることが結婚のように思っていました。

ですが、しおりちゃんとの結婚は、これから空へ飛び立つあらゆる方法を考え、一緒に実行しようとしているかのように、心が弾む魅力的な出来事のように感じました。

 

10月10日に婚約をし、翌日にはしおりちゃんのお父様とお会いすることが決まり、12日から長野県で同棲を開始しました。

 

さて、この物語はどんな展開をしていくのでしょうか。

それはブログを書いている僕にも分かりません。

 

これから僕らの日々を書いていきますので、みなさま、どうか温かいご声援をよろしくお願いいたします。

 

***************

ナナしおのファンクラブあります!

・ブログいつも読んでいます!

ADHDの記事、ためになっています!

・ナナしおの2人が好きです!

という方、月額500円からでファンクラブ会員になれます!

camp-fire.jp

 

もし、

・クレジットカードを持っていない!

・お金ではなくて物で支援したい!

・継続ではなく単発で支援したい!

という方がいらっしゃったら、ナナしおのほしい物リストから物資でご支援いただければと思います!


【ナナしおのほしい物リスト

http://amzn.asia/0Y4A31T 

***************

 

お読みくださり、ありがとうございます。

読者登録、シェア、よろしくお願いいたします。